研究員コラム 荒田英知
2014年11月26日 14:35

 秋の臨時国会の目玉とされた、地方創生法案が解散間際に成立しました。今後、国は50年後に総人口1億人を維持するための「長期ビジョン」と、それを実現するための向こう5年間の「総合戦略」を明らかにする予定です。


[ 続きを読む ]
2014年7月 1日 15:34

 今年1月1日現在の住民基本台帳に基づく全国人口は、1億2643万人と発表された。これは前年マイナス24万人あまりで、5年連続の減少となった。全国1748市区町村の82.4%を占める1440自治体で人口が減少。3大都市圏をみても人口増を続けているのは東京圏のみになっている。


[ 続きを読む ]
2013年10月23日 11:44

 拙稿「ポスト政令指定都市はどうなるか(2013年5月29日付)」で論じたように、全国で20市に増加し総人口の2割を占めるに至った政令指定都市制度をいかに拡充していくかが地方制度改革の焦点の1つになっている。当事者である指定都市市長会は、府県との二重行政を完全解消する「特別自治市」の実現を求めている。しかし、6月に政府の第30次地方制度調査会がまとめた答申では、「まずは、都道府県から指定都市への事務と税財源の移譲を可能な限り進め、実質的に特別市(仮称)に近づけることを目指す」として新たな制度創設は見送った。


[ 続きを読む ]
2013年7月16日 17:01

 自公政権は、参院選後の臨時国会に道州制推進基本法案を提出する見通しである。日本維新の会とみんなの党は、一足先に通常国会に同主旨の法案を共同提出しており、臨時国会では4党を中心に道州制の具体像に関する審議が進むことになる。


[ 続きを読む ]
2013年6月20日 14:23

 JR東海が2027年の東京―名古屋間の開業を目指すリニア中央新幹線。1964年に東京―大阪間で開業した東海道新幹線の経年劣化や大規模災害を考慮して、バイパス路線として計画されたものだ。もともとは整備新幹線に続く国家プロジェクトと位置づけられていたが、2007年にJR東海が全額自己負担による建設を表明。国もこれを認め、2014年には着工の見通しとなっている。


[ 続きを読む ]
2013年5月29日 14:43

 「大都市制度の改革及び基礎自治体の行政サービスの提供のあり方」をテーマとした、第30次地方制度調査会の審議が大詰めを迎えている。5月24日に行なわれた専門小委員会では「答申(素案)」が提示された。そのうち、審議事項の焦点の一つである指定都市制度の改革について見ていきたい。


[ 続きを読む ]
2013年4月25日 14:03

 新潟県長岡市のJR長岡駅前に建設された、市役所を核とした複合施設「アオーレ長岡」が開業から1周年を迎えました。市役所、ナカドマ(屋根つき広場)、アリーナが一体となった「市民交流の拠点 シティホール」として構想されたこの施設は、わが国の市役所のあり方に一石を投じるとともに、中心市街地活性化の新たな取り組みとしても全国から注目を集めています。


[ 続きを読む ]
2013年3月27日 17:00

 甲子園球場では選抜高校野球大会が開催され、連日、熱戦が繰り広げられています。
 ところで、道州制をテーマにした講演会やシンポジウムで、高校野球が話題に上ることがあります。「道州制になったら、都道府県単位で代表を出している高校野球はどうなるのか?」というものです。その疑問に私なりに答えてみたいと思います。


[ 続きを読む ]
2013年2月15日 13:16

 2月12日、都内で「道州制推進知事・指定都市市長連合」の第2回総会が行われました。この連合は、昨年4月に石井正弘・岡山県知事(当時)が呼びかけて設立したもので、8人の道府県知事と15人の政令指定都市市長が参加しています。総会の冒頭では、共同代表を務める村井嘉浩・宮城県知事と橋下徹・大阪市長が挨拶しました。


[ 続きを読む ]
2013年1月23日 11:12

 昨年度から、ご縁があって中央大学大学院で「公共ガバナンスの研究」という授業を担当しています。大学院の学生と接するのは、7年ほど前に北海道大学公共政策大学院で特任教授を務めて以来のことです。


 「公共ガバナンス」という言葉はあらかじめ与えられたものですが、いざ説明しようとすると簡単ではありません。代表例をあげれば、慶応義塾大学の曽根泰教教授は、「政府など公共組織において重要な意思決定や舵取りをおこない、また、それらを監視する仕組みやメカニズム」と定義しています。


[ 続きを読む ]