最新情報をメルマガで!ご登録はこちらから

メールマガジン配信コンテンツ詳細

  •  
  •  
  •  
  •  


イベントイベント

PHP政策力アップ講座「特別セミナー」
地域医療再生に必要なこと
−地域戦略としての医師養成・招聘のあり方を考える−

 全国の自治体病院等では、医師不足や病院財政の悪化により、廃止や診療の縮小、経営形態の変更などが相次いでいます。そうした中でも、医師を集め、住民と良好な関係を築き、優良経営を実現している病院もあります。両者を分かつものは一体何でしょうか。
 今回のセミナーでは、地域に留まり、地域で活躍する医師の養成で先駆的な取り組みを展開している旭川医科大学の例を紹介しながら、医師の集まる病院・地域、医師養成・招聘のあり方、首長・行政が考えるべきことなど、地域医療再生に向けた具体策を考えます。
 また、視察研修では、留萌市立病院等を訪ね、関係者へのヒアリングを通して、医療提供や医師招聘のあり方、住民との連携・協力など、自治体病院の生き残りに向けた挑戦の姿に学びます。

〔主催:PHP研究所、SAPPORO PHP朝日田コーポレーション 協賛:道銀地域総合研究所〕


【プログラム】※終了いたしました

〔セミナー〕 8月28日(水) 13:30−17:00
『地域医療再生に必要なこと〜地域戦略としての医師養成・招聘のあり方を考える』
〔講師〕 伊関友伸氏(城西大学経営学部教授、NPO法人ハンズオン埼玉代表理事)
     住友和弘(旭川医科大学第一内科医局長、循環・呼吸医療再生フロンティア講座特任講師)

〔視察研修〕 8月29日(木) 8:00−17:30頃 <専用バスにて移動>
『自治体病院にみる医療提供、医師招聘、経営改善への挑戦』(伊関友伸教授 同行)
〔内容〕留萌市立病院・笹川裕院長に聞く…医師招聘のあり方、「コホート研究」の取り組み等について
〔行程〕その他 *調整中


開催概要

日 時 〔セミナー〕2013年8月28日(水)13:30−17:00
* セミナー閉会後、17:30-19:30の予定で、交流会を開催します
〔視察研修〕2013年8月29日(木)8:00−17:30頃<専用バスにて移動>
会 場 アパホテル札幌1階「ダイヤモンド」(札幌市中央区南2条西7丁目 Tel.011-281-8111)
参加費 〔セミナー〕 お一人様10,000円(税込)
*北海道内の関係者には費用助成あり。詳細は、「SAPPORO PHP (有)朝日田コーポレーション Tel:011-708-9211」までお問い合わせ下さい。
〔交流会の会費〕お一人様3,000円(税込)
〔視察研修〕 お一人様15,000円(税込、専用バス・昼食代を含む)
        
お申込 別紙「参加申込書」にご記入の上、Faxでお申込ください。定員に達し次第、締め切らせていただきます。
*お申込受付後、ご請求書をお届けします。請求書到着後、1週間以内にお振込下さい。
ご欠席となる場合には、事前に、下記まで、必ずご連絡ください。

申込用紙




【講師略歴】

伊関友伸(いせき・ともとし)城西大学経営学部マネジメント総合学科 教授
東京都立大学法学部卒業、東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了。埼玉県庁に入庁し、計画調整課、県立病院課、社会福祉課、精神医療センター等を担当。この間、県立4病院の経営改善(3年間で57億円の収支改善、24億円に上る累積欠損金の一掃)に直接関わる。2004年に研究者に転じ、現在に至る。総務省公立病院に関する財政措置のあり方等検討会委員、夕張市病院経営アドバイザー等を歴任。著書に、『まちの病院がなくなる!? 地域医療の崩壊と再生』など


住友和弘(すみとも・かずひろ) 旭川医科大学第一内科医局長、循環・呼吸医療再生フロンティア講座 特任講師
中頓別町出身。衛生検査技師を目指すも、「故郷が無医村になるかもしれない」との話を聞き、医師に転進。獨協医科大学卒業後、旭川医科大学第1内科に所属しながら、名寄市立総合病院など道北地方4病院で経験を積む。2004年、中頓別町国保病院院長。2013年4月、旭川医科大学第一内科医局長。裾野の広い専門医・総合医の養成、地域医療再生に情熱を傾ける。

PHP地域経済塾
PHP地域経営塾は、2014年度をもって終了いたしました。
今後、新たな公共政策セミナーの開講を予定しています。