最新情報をメルマガで!ご登録はこちらから

メールマガジン配信コンテンツ詳細

嚶鳴フォーラム

トップ

主旨と目的

自治体・ふるさとの先人

活動・提案

行事案内

嚶鳴協議会

志田林三郎

【目次】(ページ内の目次)

プロフィール

ふるさとの自治体紹介

リンク

佐賀県多久市

志田林三郎

しだ・りんざぶろう

安政2年(1855)〜 明治25年(1892)
物理学者・電気工学者

プロフィール

志田林三郎は 安政2年(1855)、現在の佐賀県多久市東多久町に生まれた。 幼い頃から計算に長け『神童』と呼ばれていた林三郎は、名字こそ許されていたものの恵まれた身分の生まれではなかった。しかし学問が盛んであった多久の土壌や周囲の人々が、林三郎の前途を切り開く。地元の庄屋から読み書きそろばんを習い、林三郎の評判が領主の耳に留まり、面接の結果その才を認められ、金銭の援助も受け、東原庠舎(多久の邑校)で学ぶ事を許される。東原庠舎は、当時としては非常に珍しく、身分に関わらず誰でも学ぶことができる学校であったが、正式な入学となると武士の子弟に限られていた。林三郎はその際、正式に入学するため「卒」の身分まで与えられた。その後、石丸安世の私塾で英語等を学んだ後、藩命で進学した工学寮(東京大学工学部の前身)を主席で卒業し、官費で英国グラスゴー大学に留学するなど、進学する先々で優秀な成績を残している。

学寮時代には、日本政府から依頼された軍事偵察用の軽気球実験に成功、 またデンマーク船に乗って海底ケーブルの修理に参加するなどの実践も重ね、留学先では、たった1年の在学中に年間の最優秀論文に贈られるクレランド金賞(右画像)も受賞し、その快挙は英国の新聞も絶賛したという。 帰国後もその勢いは衰えることなく、志田博士の活躍は続く。 工学寮時代の恩師・エアトンの後を受け、工部大学校初の日本人教授に就任。研究と後進の指導にあたるかたわら、技術官僚としても勤務し、電信関係の管理指導を行なった。明治18年(1885)に行なった、河川を利用した『導電式無線通信』の実験は、マルコーニが無線実験を成功させる10年前のことだった。 1887年5月に制定された学位令により、翌明治21年(1888)に博士号を授与され日本初の『工学博士』の1人となる。 時を同じくして電気学会を創立、同年6月に行なわれた第1回通常会では、幹事である志田博士も演説を行なった。その中で語った電気工学の未来を確かな根拠を基に予測した『将来可能となるであろう十余のエレクトロニクス技術予測』は、志田博士の先見性の高さが表れ、今なお評価されている

ふるさとの自治体紹介 佐賀県多久市

「近き者説(よろこ)べば、遠き者来る」――この言葉は、まちづくりや治世の原点を表したとも言える。論語の言葉です。自分の郷土や身の回りのことに関心を持ち、少しでも良くしていくことで、それが周りの人へも及び、喜びとなり、みんなが自身と誇りを持てるまちとして育っていくようになれば、実にすばらしいことである。多久市では、江戸時代に多久茂文が伝えた孔子の教えを活かした地域づくりを進めています。

自治体情報

リンク

業績や教えを知る


ページTOPへ

PHP地域経済塾
PHP地域経営塾は、2014年度をもって終了いたしました。
今後、新たな公共政策セミナーの開講を予定しています。