最新情報をメルマガで!ご登録はこちらから

メールマガジン配信コンテンツ詳細

HOME政治・行政 論文・書籍

  •  
  •  
  •  
  •  



政治・行政 論文・書籍

2014
【論文】
タイトル 雑誌・報告書名 執筆者
「憲法改正はなるのか ― 与野党試案を比較する ― 」 『PHP Policy Review』2014年5月号(Vol.8-No.66) 永久寿夫


2013年
【論文】
タイトル 雑誌・報告書名 執筆者
『許認可等の統一的把握』をチェックする 規制改革の基盤となるデータベースとして再構築せよ 『PHP Policy Review』2013年9月号(Vol.7-No.64) 熊谷哲
「政治の安定に何が必要か ―新しい政権に求められるものとは―」 『改革者』(政策研究フォーラム)2013年1月号 永久寿夫


2011年
【論文】
タイトル 雑誌・報告書名 執筆者
「松下幸之助の夢・2010年の日本 政治の生産性を高めよ」 『VOICE』(PHP研究所)2011年1月号 永久寿夫


2010年
【論文】
タイトル 雑誌・報告書名 執筆者
「日本の未来を切り開くカギは政党のガバナンスを正すことにあり」 マニフェスト白書2010』2010年9月 永久寿夫
「制度改革のトリガーとせよ−事業仕分けの明と暗」 『改革者』2010年3月号 永久寿夫
「『日本再生』のトリガーとせよ−事業仕分けの明と暗−」 『改革者』(政策研究フォーラム)2010年3月号 永久寿夫
「支持率急落に陥るシナリオ―われらが提言した"抜本的な制度改革"から逃げるな ―」 『Voice』(PHP研究所)2010年2月号 永久寿夫

【書籍】
タイトル 編著者 発行所/発刊年・月
『松下幸之助が描いた「21世紀の日本」自主独立の精神は甦ったか』 世界を考える京都座会 PHP研究所・2010年12月


2009年
【論文】
タイトル 雑誌・報告書名 執筆者
「鳩山政権に期待する『新しい政治』のあり方を論ず」 『PHP Policy Review』2009年10月(Vol.3-No.17) 永久寿夫
「名古屋市長・河村たかしの挑戦」 『Voice』(PHP研究所)2009年7月号 荒田英知
「政界は心肺停止に陥る―政権交代が起きても日本は甦らない―」 『Voice』(PHP研究所)2009年6月号 永久寿夫
「消費税3%減税で内需拡大― 高齢者、児童の医療費無料化 ―」 『Voice』(PHP研究所)2009年4月号 江口克彦


2008年
【論文】
タイトル 雑誌・報告書名 執筆者
「対外イメージを壊す政治家たち」 『Voice』(PHP研究所)2008年12月号 金子将史
「小沢の不誠実、麻生の構想力」 『Voice』(PHP研究所)2008年11月号 永久寿夫
「政策本位の政治を実現するためのマニフェストのあり方とは−総選挙に向けた7つの提言−」 『マニフェスト白書2008』2008年9月 永久寿夫
「もはや自民も民主も不要!」 『Voice』(PHP研究所)2008年7月号 永久寿夫

【書籍】
タイトル 編著者 発行所/発刊年・月
“Japan’s New Executive Leadership: How Electoral Rules Make Japanese Security Policy,” Japan and the World, Masaru Kohno and Frances Rosenbluth ed., 永久寿夫 Yale University, 2008


2007年
【書籍】
タイトル 編著者 発行所/発刊年・月
『はじめての政治』  永久寿夫共著 栄光・2007年


2006年
【論文】
タイトル 雑誌・報告書名 執筆者
「安倍政権へ『15の提言』」 『VOICE』(PHP研究所)2006年12月号 永久寿夫
「改革のエンジンとなった政治的ダイナミズム」 マニフェスト白書2006』 2006年9月 永久寿夫


2004年
【論文】
タイトル 雑誌・報告書名 執筆者
「二十一世紀日本国憲法私案」 『VOICE』(PHP研究所)2004年12月号 永久寿夫

【書籍】
タイトル 編著者 発行所/発刊年・月
『二十一世紀日本国憲法私案』 江口克彦・永久寿夫編 PHP研究所・2004年11月


2003年
【論文】
タイトル 雑誌・報告書名 執筆者
「統一地方選挙を検証する」 『VOICE』2003年6月号(PHP研究所)pp.202-209 永久寿夫
「国民が意識を変えれば、既得権益を打破する議員集団を生み出すことは可能です」(識者の視点) 『DBM Report』Vol.7 2003年4月 永久寿夫
「松下幸之助と政治」
「日本が立ち直るために残された道」
『松下幸之助研究』2003年新春号(PHP) 永久寿夫


2002年
【論文】
タイトル 雑誌・報告書名 執筆者
「松下幸之助と政治」
「捲土重来を期す改革者たち」   
『松下幸之助研究』2002年秋季号(PHP) 永久寿夫
「松下幸之助と政治」
「中田市長は横浜をどう変えるのか」
『松下幸之助研究』2002年夏季号(PHP) 永久寿夫
“Considering A Home-grown Constitution” Close up Japan, May 2002 (Tokyo, Japan: PHP Institute,Inc) 永久寿夫
「松下幸之助と政治」
「日本の活力を再生させる道を探る」
『松下幸之助研究』2002年春季号(PHP) 永久寿夫
「小泉改革をいかに現実のものにするか」
「日本の活力を再生させる道を探る」
『松下幸之助研究』(PHP研究所)2002年冬季号 永久寿夫

【書籍】
タイトル 編著者 発行所/発刊年・月
『スラスラ読める「日本政治原論」』 永久寿夫 PHP研究所・02年10月


2001年
【論文】
タイトル 雑誌・報告書名 執筆者
「最後尾をいくわが国構造改革の行方――いかにリインベンションをはかるのか」 『松下幸之助研究』(PHP研究所)2001年秋季号 永久寿夫
「政治のリーダーシップをいかに確立するか」 『松下幸之助研究』(PHP研究所)2001年夏季号 永久寿夫
「8人の新人議員・若き志士たちの決心」 『松下幸之助研究』(PHP研究所)2001年春季号 永久寿夫
「臨界点が来る前に転換できるか」 『松下幸之助研究』(PHP研究所)2001年冬季号 永久寿夫
「覇道政治から王道政治へ―党内改革ができないなら首相公選制の導入しかない」 『VOICE』(PHP研究所)2001年1月号pp.192-199 永久寿夫

【書籍】
タイトル 編著者 発行所/発刊年・月
『いま、「首相公選」を考える』 弘文堂編集部編
(永久寿夫分担執筆)
弘文堂・01年7月


2000年
【論文】
タイトル 雑誌・報告書名 執筆者
「松下幸之助の政治観と現代政治」 『松下幸之助研究』(PHP研究所)2000年冬季号 pp.72-81 永久寿夫
「求められる老獪な政治手腕」 『Voice』(PHP研究所)2000年12月号pp.142-143 永久寿夫
「原点を受け継いだ申し子たち」 『松下幸之助研究』(PHP研究所)2000年秋季号 pp.68-75 永久寿夫
「地域から日本を変える『思い』に動く」 『松下幸之助研究』(PHP研究所)2000年夏季号 pp.52-58 永久寿夫
「松下理念による自治体経営 松下政経塾出身三人の首長たちの挑戦」 『松下幸之助研究』(PHP研究所)2000年春季号 pp.52-58 永久寿夫

1995年
【書籍】
タイトル 編著者 発行所/発刊年・月
『ゲーム理論の政治経済学』 永久寿夫 PHP研究所・1995年
PHP地域経済塾
PHP地域経営塾は、2014年度をもって終了いたしました。
今後、新たな公共政策セミナーの開講を予定しています。